2011年08月25日

参加型 士業facebook 活用セミナーのお知らせ

こんにちは、さっき食べた油そばがいい感じでもたれている小嶋です。

麺、大好きです。


さて、9/16に士業向けのセミナーを開催します。

テーマは「Facebook」


いろんなセミナーを開催してきましたが、いよいよこの分野にも突入します。

一応、士業の中では先に進んでいる方なので、現時点で知っていることを整理してお伝えします。

興味のある方、これからはじめられる方もどうぞ!



*******************************




◆参加型 士業facebook活用セミナー◆

日本で一番集客している税理士事務所のfacebookページを全公開!

【業界初 全員参加型セミナー】
※ノートパソコンかiPadをご持参下さい。セミナー中にFacebookページの独自ドメインを取得します。
※2000人超の小嶋税理士事務所facebookページがどうやって
マーケティングに活用しているのかを全公開。

今年2011年はFacebook元年と呼ばれています。
我々士業の業界でもこの春あたりから急速に普及しているのを感じます。アメブロ、mixi、Twitter、そしてFacebookと、SNSの世界はめまぐるしく変わっていきます。
では、Facebookで何が出来るのか?

皆さんは理解した上ではじめているのでしょうか?

「アカウントを取ったはいいが、何をすればいいのかわからない。」

はじめて間もない方からよく聞く言葉です。


みんなFacebookで何をしているのか?

何か目的を持ってやっているのか?

交流を広げる深めるだけではもったいない。

ビジネスとしてFacebookをどうやって使うか?

これがこのセミナーの最大のテーマです。

「ビジネスとして使う」というのは、Facebookを利用して自らの仕事を成約させるという事です。

そして今回はビジネスの中でも士業に絞ってお話しします。
我々士業の集客は、「紹介」が多くの割合を占めています。

どうやって紹介をしていただくか?

どうやって信頼していただくか?

これを掘り下げていく事に尽きます。

紹介や信頼を構築する一つのやり方として、Facebookを使ってみよう!

これが今回のセミナーの趣旨です。

続きはこちらへ
http://kojimatax.com/fblp/index.html


【内容】
●第1部「facebookの設定の仕方」
・facebookとは何?
・facebookの現状
・facebookの今後の可能性
・facebook個人アカウント設定の確認

●第2部「facebookページの活用ノウハウを伝授」
・facebookの目的を作成
・facebookページの活用方法
・facebookページを実際に作成してみよう
・facebookでマーケティングに活かそう
・facebookページのファン(いいね!)の増やし方をお伝えします。
・facebookのビジネス活用ヒントや情報満載です。
・独自ドメインをセミナー終了までに取得できます!

【特徴】
ただ聴くだけではなく、実際にパソコンを操作していただきます。

【対象となる方】
●税理士、行政書士、司法書士、弁護士、社労士など、士業を営んでおられる方
●facebookをビジネスに活用したいと思っている方
●まだfacebookページを持っていないが、今後作成して集客したいと思っている方

【お持ちいただくもの】
・ノートパソコン
・モバイル通信(PocketWi-Fi等)
※通信環境につきましては、無線LANを用意しておりますが、PocketWi-Fi等をお持ちの方は念のためご持参下さい。


【開催日時】
2011年9月16日(金)14:00~17:45 (受付:13:30~)

【会場】
東京都千代田区三崎町3-6-15
貸教室・貸会議室 内海 1F教室
http://www.kaigishitsu.co.jp/company/access.html

【募集人数】
40名(先着順)

【申し込み方法】
こちらのページよりお申し込みください
http://kojimatax.com/fblp/index.html



**************************
190-0012
東京都立川市曙町1-25-12 オリンピック立川ビル4F
小嶋税理士事務所
税理士 小嶋 公志(こじま まさし)
TEL:042-540-9958 FAX:042-540-9959
E-Mail   kojima@kojimatax.com
ホームページ  http://www.kojimatax.com 
facebook(個人) http://www.facebook.com/kojimatax
事務所fbページ http://www.facebook.com/kojimataxfan (←「いいね!」を押してください。)
ブログ      http://ameblo.jp/kojikojitax/
ツイッター  http://twitter.com/kojimatax
**************************
  
Posted by 小嶋税理士事務所 at 15:23Comments(3)セミナー

2011年08月10日

小嶋税理士事務所5周年

written by STAFF E (ポンタ)




おはようございます。

私ごとで大変恐縮ですが


最近 「てぬぐい」 にはまっておりまして


特に『大名行列の柄』が最近のお気に入りです。


小嶋税理士事務所♪立川  STAFF日記


ランチョンマットに、よく使用しております。


超撥水のランチョンマットなど色々ためしたのですが


結局一番洗いやすい手ぬぐいに落ち着きました☆



それはそうと・・・


明日は、小嶋税理士事務所の【5周年記念】です!





月初ミーティングとからめまして


平日なので、内輪でささやかにですが、


わーっと 喜びあおう!と思っています。





本日も、お仕事がんばります!


  
Posted by 小嶋税理士事務所 at 09:33Comments(1)STAFFのつぶやき

2011年08月05日

焼けない

1ヶ月テニスのスクールをお休みし、先月後半から




スクール再開しているちょこミン choco mint* です。




先週から1週間に2回のペース




1回はレッスン 1回はプライベート




プライベートの方は屋外になるので




この時期去年は手足真っ黒に 晴れ 日焼けしてました。






昨日も朝くもり、昼過ぎから晴れたり曇ったりで




湿度があるので暑いは暑いのですが、




去年のような日焼けをせずに




今日まで来ています。






お休み中に増えた体重も元に戻ったような




体重計に乗っていないのでわかりませんが




アルコールも去年ビールで痛い目にあったので




今年はアルコールフリーをチョイス




呑んでいる時はご飯は控えめです チョキ




天気最近安定しませんね 雷




今も黒雲が空を多い今にもザーッと雨が降りそうです。




顔の日焼けは極力避けたいですが、




足は短パン着用なので




できればもう少し日焼けしたいなーと思ってます(笑)




週2ペース最高です!!



  
Posted by 小嶋税理士事務所 at 09:39Comments(0)STAFFのつぶやき

2011年08月03日

ミートソースはルーミック!???

おはようございますPちゃんmamaですニコニコ






事務所の女性人は全員主婦なので




ランチタイム ご飯の話題は日常の家族の話題や




人気のランチのお店などetc・・・ありますが




今日の夕飯は何する予定ですかとかご飯




昨日は何したとか牛丼




少しでも毎日のメニューのヒントをいただこうと




日常よく作るメニューを教えていただくこともしばしばですぴかっ!






今日はミートソーススパゲッティにしようミートソース




と言う話が持ち上がり




ミートソースは簡単おいしいルーミックですよねパスタ




と私が言いましたが




し~ん知らん




誰も知らず・・・・泣き1




え~っえ゛!




私は子供の頃からミートソースはルーミックだったのに・・・・ぎくっ








ということで




別にルーミック(味の素社の製品)さんから




宣伝料をもらっている訳ではありませんが




みんなに宣伝音譜


小嶋税理士事務所♪立川  STAFF日記






たぶんたいていのスーパーでパスタのコーナーに




120円~130円で売っていると思いますスーパーのカゴ




ひき肉とたまねぎのみじん切りを炒めて




お水とルーミックのミートソースを入れて、5分ほど煮れば




ハイ出来上がりナポリタン






試していただいたチョコミントアイス さんも、おいしいといっていただきましたおいしい




興味のある方は、ぜひ試してみてください音譜






小嶋税理士事務所HPはコチラ

  
Posted by 小嶋税理士事務所 at 20:26Comments(0)STAFFのつぶやき

2011年08月01日

LOVE NISHITAMA ~地酒編2~


written by STAFF E (ポンタ)








ウィー ラブ・・・ TACHIKAWA!!







エン (ド) …







ウィー ラブ・・・ NISHITAMA!!












「ニシタマ!? フッサとかはなんとなく聞いたことあるけど







 全然行ったことないね」 という方のために







月曜日、この小嶋税理士事務所のブログにて







ニシタマの魅力についてお届けしてゆきます。












西多摩の地酒編 2編目・・・・







1編目→コチラ


ではやや雑な部分、多々ありましたので







有名どころの酒造を 2、3ご紹介できたらと思います蝶々














ニシタマで、一番親しみやすい酒造といえばここでしょうか・・・







★石川酒造HPコチラ










小嶋税理士事務所♪立川  STAFF日記








看板商品 『多満自慢』 (たまじまん) です。







多摩のごはんやさんでは割と多く取り扱いがあるでしょうか。







日本酒だけでなく、ビールの製造も手がけ







『福生のビール小屋』 『雑蔵』 など







直営の食事処で、ビールに日本酒に、舌鼓を打てます。












ニシタマ西部、奥多摩の地酒







★小澤酒造HP→コチラ




ホームページの冠には







「東京の奥座敷 奥多摩でお酒や豆腐をつくっております」







という キャッチコピー。







わーん もう奥多摩へ向かうしかないよー!







と お酒好きを泣かせてくれます 泣




小嶋税理士事務所♪立川  STAFF日記



看板商品 おなじみ 『澤の井』 (さわのい) です!





私見ですが、ボトルデザインが素晴らしいです。





キャップのデザインもとってもかわいいので





求められる方、要チェックです。











酒造周辺のみずみずしい景観にも、心ひかれる酒造場





★田村酒造HP→コチラ





こちらも福生の酒造場です。





御飯処の経営等ない、純粋な酒造場なので





多摩川と玉川上水、酒蔵、年輪を重ねた樹・・・・





近くを歩くだけで、とても癒されます★







小嶋税理士事務所♪立川  STAFF日記



看板商品は 『嘉泉』 (かせん) です。


(これだけ自分の写真となってしまいました・・・)





ここの酒造の、特注品のお酒1升を





以前、事務所職員4~5人で2時間あまり





おいし~おいし~ と飲み干してしまった経験があり





まさに 「まぼろしの酒」 となってしまいました。。











お味につきましては、皆様お好みがありますでしょうし





私なんぞが 何か申し上げる舌も持ち合わせておりませんので





是非、お店などで見かけた際には





ニシタマのお酒を、ご賞味されてみてはいかがでしょうか・・・










  
Posted by 小嶋税理士事務所 at 14:43Comments(0)STAFFのつぶやき

2011年06月30日

【サラリーマン法人ってなに?】(納税通信より一部抜粋)







会社員が自ら会社組織を立ち上げることで法人の代表となり、従来の雇用契約を業務委託契約の形態に変えるのが「サラリーマン法人化」。

独立心を強く持つ会社員の新しいワーキングスタイルとして注目が集まっている。

サラリーマン法人の設立と業務委託契約が、社員そして経営者にどのような影響を与えるのか。

サラリーマンが「法人化」すると、これまで雇用契約による賃金として支払われていた給与は、業務委託契約による報酬になる。

そして法人の代表として"自分の会社"から役員給与を受け取ることになる。

法人を設立すると、給与所得者には原則として認められない業務関連経費の損金算入ができるなど税務上のメリットがある。

例えば、「本社」となる自宅の家賃の一部、家族への役員給与、業務用の車やパソコンの減価償却分、事務機器の購入費などが損金にできる。

また、報酬には原則として消費税が課され、受け取った税額は納税しなければならない。ただし前々事業年度の課税売上高が1千万円以下であれば免税事業者となり、課税事業者となっても

簡易課税の「みなし収入率」による節税の余地がある。

一方、雇用していた経営者側にも社員の法人化には魅力がある。

最も大きなメリットは、労働法規上の雇用主責任を負わなくなることだ。解雇の制限や、厚生年金や労働保険などの事業者負担のほか、退職金掛け金の支払い義務もなくなる。

また、経理事務などの管理コストの節減も望める。

つづく、、、



━━━━━━━━━━━━━━━━━━

小嶋税理士事務所

190-0012

東京都立川市曙町1-25-12

オリンピックビル4F

TEL 042-540-9958

FAX 042-540-9959

E-Mail kojima@kojimatax.com

…………………………………………

ホームページはこちら

http://www.kojimatax.com/

…………………………………………

ブログやってます!

http://ameblo.jp/kojikojitax/

…………………………………………

ツイッター

http://twitter.com/kojimatax

…………………………………………

Facebook

http://www.facebook.com/kojimatax

…………………………………………



  

Posted by 小嶋税理士事務所 at 09:39Comments(1)創業・起業について

2011年06月14日

創業の動機



ダントツの1位が「仕事の経験・知識や資格を生かしたかった」で34.9%

次に「自由に仕事がしたかった」 14.8%
...
以外にも「収入を増やしたかった」という動機は7.6%にとどまっています。

儲けを一番に考えて独立する人は少ないんですね~。

現代っぽいかも。。。続きを読む



事務所ホームページ http://www.kojimatax.com/
個人FaceBook  http://www.facebook.com/kojimatax
事務所FaceBook http://www.facebook.com/kojimataxfan  
タグ :創業起業

Posted by 小嶋税理士事務所 at 09:19Comments(1)創業・起業について

2011年06月13日

創業時の男女比(日本政策金融公庫データより)

経営者の性別は、男性が83.9%、女性は16.1%
徐々に女性の比率が上がってきているようですが、全体ではまだこの割合です。

...
業種別の比率

男性の開業はすべての業種に分散しているのに比べて、女性の開業は業種に片寄りが見受けられます。

女性が開業した業種は、対個人サービス業33.9%以下医療・福祉19.5%、飲食店・宿泊業1&4%、小売
業13.8%、上位4業種だけで85.6%を占めています。





うんうん、何となくわかる気がする。
  

Posted by 小嶋税理士事務所 at 19:05Comments(2)創業・起業について

2011年06月09日

創業の為の事前準備【夢を計画に落とし込む】




あらゆる状況を想定し、ビジネスプランを作成することが失敗のリスクを減らすことにつながります。

開業後の経営状況において苦労している点についてのアンケート調査がありますが、

この「苦労している点」の大部分が、ビジネスプランを策定する課程において、

綿密に仮説をたて、検討することにより回避することができます。



ビジネスプランを作成したら、まず家族に説明しましょう。

(まぁ、大抵は「そんなの儲かるの?」っていう風に奥さんに一蹴されます。)

創業にとって家族の協力は欠かせません。まずは第1の協力者です。

ここで家族に納得してもらえないような事業計画だと、当然、将来の得意先や仕入先、そ

の他金融機関などから支援を得ることは難しいでしょう。



創業しようと考えている方々は夢の実現に向けて、とても熱い思いを持っていることだろうと思います。

しかし、その熱い思いだけでは具体性に欠け、なかなか夢を実現することができません。

どこに向かっているのか分からなければ、最初は少しの狂いでも時間が経てば経つほど大きな狂いとなって

修正ができないほどになってしまいます。



創業当初の熱い思いを目的とするならば、具体的な目標が必要になります。

創業すると決めたなら、すぐにでも5年後10年後の具体的な目標を立てましょう。





現在こうだから、その延長線上で将来はこうなるだろうと考えるのではなく、

5年後10年後の将来こうありたいから現在をどのように過ごせばよいか、

今何をしなければならないかを考えるのが経営です。

困難なことでもどうしたらできるかを考える。そこから知恵が出てくるのです。

そして、その計画を最終的には数字に落とし込んで「事業計画」を作成していきます。


事務所ホームページ http://www.kojimatax.com/
個人FaceBook  http://www.facebook.com/kojimatax
事務所FaceBook http://www.facebook.com/kojimataxfan  
タグ :創業起業

Posted by 小嶋税理士事務所 at 08:28Comments(1)創業・起業について

2011年06月08日

創業の為の事前準備【ニーズを捉える】




社会のニーズ・顧客のニーズの変遷により、高度成長期と現代では

すべてにおいて変化してきています。

その時代時代にマッチした商品やサービスが大切です。

モノ不足の時代は、モノを造れば売れていました。しかし、モノ余りの現代では、

ただ単にモノを造るだけでは売れません。良い商品やサービスが求められています。

その際注意しなければならないことは、独りよがりの商品づくりやサービスにならないことです。





事業を行うということはお客様の視点で物事を考えなくてはいけません。

この商品は良いものだから絶対に売れるとか、このサービスは良いサービスだから

絶対にうけるなどとよく聞きますが、ちょっと待ってください。

誰にとって良い商品なのか、誰にとって良いサービスなのかが抜けています。



お客様にとって良い商品やサービスでなければ当然売れません。そこのところをよく考えてください。

もっともっと商品やサービスにこだわりを持ってください。

多かれ少なかれ、創業しようとしている方々は自分自身が行おうと思っている事業に対しての

こだわりを持っているはずです。

そのこだわりを商品やサービスに落とし込んでください。そこが他社との差別化になるところです。



自分自身がこだわりを持っているということは、同じこだわりを持っている人が他にもたくさんいるということです。

その将来のお客さんを喜ばせることを頭に浮かべて、より良い商品づくりやサービスの開発に取り組みましょう。

お客さんの問題を発見することが良い商品やサービスのもとになります。



お客さんの思考を考えるには、次の6つの質問がヒントになります。



■6つの質問



1.なぜそうなるのか?

2.これからどうするのか?

3.他に何かないのか?

4.どうすれば可能になるのか?

5.本当にこれでよいのか?

6.何かおかしくないか?



ここから導き出されたものは、良い商品やサービスをつくり出すために大きなヒントとなるはずです。




事務所ホームページ http://www.kojimatax.com/
個人FaceBook  http://www.facebook.com/kojimatax
事務所FaceBook http://www.facebook.com/kojimataxfan  
タグ :創業起業

Posted by 小嶋税理士事務所 at 09:24Comments(0)創業・起業について

2011年06月07日

創業の為の事前準備【独自のアイデアを導き出す】




創業に当たっては当然、既存の業者と競争をしなければなりません。


創業時は信用の面でハンデがありますから、普通にやっていては勝てるはずがありません。

何か独自のアイデアが必要になります。

同じラーメン屋さんでも、儲かっている店と儲かっていない店があります。

その差は、味のよし悪しだけで決まるでしょうか?



繁盛している店と繁盛していない店をよく観察してみましょう。



その上で自分自身の独自性を導き出しましょう。

人まねではなかなかうまくいかないことは頭では分かっていても、なかなか独自のアイデアは浮かばないものです。

浮かばないからといってあきらめるのではなく、頭に汗して考えてみましょう。



ここでアイデアという言葉について、とても良い言葉を紹介します。

「アイデアのヒント」で有名なジャック・フォスターは

「アイデアとは既存の要素の新しい組み合わせ以外のなにものでもない」

と言っています。

既存のものとの組み合わせから、独自のアイデアが生まれてくるのです。

色々観察しましょう。そこから独自のアイデアが生まれてきます。



独自のアイデアを考えるための手法を一つ紹介しておきましょう。ブレーンストーミングの考案者である

A.F.オズボーンによる発想法で「オズボーンのチェックリスト」と呼ばれているものです。

以下全部で9か条あります。



■オズボーンのチェックリスト

転用したら  ・・・現在のままでの新しい使い道は?

応用したら  ・・・似たものはないか? まねはできないか?

変更したら  ・・・意味、色、動き、臭い、形を変えたらどうなる?

拡大したら  ・・・大きくする、長くする、回数を増やす、時間を延ばす

縮小したら  ・・・小さくする、短くする、軽くする、圧縮する、短時間にするとどうなるか?

代用したら  ・・・代わりになる人、ものは?材料、場所などを変えられないか?

置換えしたら ・・・入れ替えたら、順番を変えてみると

逆転したら  ・・・上下・左右を反対にしたら?逆さまにしたら?

結合したら  ・・・合体、混ぜる、合わせる



1つのキーワードをもとに、オズボーンのチェックリストに沿ってアイデアを出して

みてください。きっと独自なアイデアが生まれてくるはずです。



事務所ホームページ http://www.kojimatax.com/
個人FaceBook  http://www.facebook.com/kojimatax
事務所FaceBook http://www.facebook.com/kojimataxfan  
タグ :創業起業

Posted by 小嶋税理士事務所 at 07:59Comments(1)創業・起業について

2011年06月06日

創業の為の事前準備【夢をかなえるという強い意志を持つ】




夢を夢で終わらせるのか、夢を自分自身の手中に収めるかは、

その夢に対してどれくらいの熱意を持って行動するかによります。



松下幸之助は「成功するためには、成功するまであきらめないことである」と言っています。

たとえ、はじめは予想したような成果が十分に上がらなくても、辛抱して根気強く努力を続けることだと思います。

決してあきらめないこと・決して希望を失わないことがとても大切です。

目標を決めたら、何度失敗を重ねても目的が達成されるまで繰り返しトライし続ける意思の強さが必要です。

自分の成功しているイメージを持ち、努力を続けることが共鳴や援助を生みだし、

成功の扉が開くということは成功者の体験談からもいえることです。



ケンタッキーフライドチキンの創業者カーネルサンダースは、何度も事業に失敗しました。

それでもあきらめず、苦節40年の65歳でフライドチキン屋さんを始め、世界初のフランチャイズ・ビジネスかつ

世界最大級のファーストフードレストランを創った話は有名です。



人生で成功する秘訣はただ1つ。

「成功するまでやり通すこと」です。

あきらめずに挑戦し続けましょう。



事務所ホームページ http://www.kojimatax.com/
個人FaceBook  http://www.facebook.com/kojimatax
事務所FaceBook http://www.facebook.com/kojimataxfan  
タグ :創業起業

Posted by 小嶋税理士事務所 at 08:05Comments(0)創業・起業について

2011年06月05日

創業の為の事前準備【経営理念は整理できていますか?】





前回の資金の話とはうって変わって、経営理念の話です。



事業経営とは、目的や目標が明確でも、先の見えない未来に飛び込んでいく冒険に変わりありません。



晴天ですがすがしいときもあれば、台風や大雨で打ちひしがれるときもあります。

真っ暗な森へ迷い込んでしまい右も左も分からなくなるときもあります(実体験があります)。

自分自身は変わらなくても、周りの環境が目まぐるしく変化をする時代でもあります。

時代に流されたり、本当にこれでよいのかと疑問を感じるときもあることでしょう。



そのようなときに大切なのが経営理念です。



経営理念というと難しく聞こえますが、自分自身の夢、それを実現するためのこだわりは

自分自身の中にはっきりとあるはずです。その想いが経営理念ともいえます。



事業経営から生まれる悩みや問題を解決するためには、

臨機応変に具体的な進路を変更していかなければなりません。

そうした変更を行う際に、経営の根本となる経営理念に鑑みて考えることが、大切なのです。



そしてもうひとつ、経営者には素直な心が必要です。

本来の正しさに従う心です。

私利私欲にとらわれたり、自我を貫いたりする気持ちでは、当初はよくても最終的には事業を成功させることはできません。

悩みや問題が発生したときは冷静になり素直な気持ちで物事を考え抜く、

その結果出てきた結論は、間違いの少ない解決策になるはずです。



「自社だけよければ」「自分だけが儲かれば」という考え方では、当然、社会からは受け入れられません。

「勝てば官軍」的な思考では永続的に発展することは難しいでしょう。

「勝てば官軍」的な発想をしていた企業が、社会から淘汰された例は数多くあります。



社会から受け入れられる事業でなければ、当然社会から排除されます。

すなわち倒産するということです。コンプライアンス(法令・規範の遵守)重視が叫ばれている時代です。

中小零細企業ほど、このコンプライァンスを大切にしなければなりません。

有名企業でさえ、不正な事件1つで事業継続が難しくなります。ましてや中小零細企業など、ひとたまりもありません。



そうした不正の1つが「脱税」です。中小零細企業が脱税の摘発により信用をなくし、

事業継続が難しくなることも考えられます。

創業者こそコンプライアンスを重視しなければならないのです。



正しい経営理念を確立するためには、素直な心になって物事に感謝しましょう。

従業員に対する感謝、顧客に対する感謝、支援者に対する感謝を忘れなければ、

間違った道に進むことはないとおもいます。



事務所ホームページ http://www.kojimatax.com/
個人FaceBook  http://www.facebook.com/kojimatax
事務所FaceBook http://www.facebook.com/kojimataxfan  
タグ :創業起業

Posted by 小嶋税理士事務所 at 13:13Comments(0)創業・起業について

2011年06月03日

創業の為の事前準備【資金を用意する】




この話をすると身も蓋もないかもしれませんが、、、、、

「創業に最も必要なのはお金であると私は思っています。」

まずは自己資金を用意が肝心です。

当初事業に必要な資金の半分は、最低限確保しましょう。

その努力ができないのなら計画している創業を一度考え直す方がよいかもしれません。

ワタミの渡邊美樹社長(小説『青年社長』のモデル)が創業する際に、

佐川急便で朝早くから夜遅くまで働いて必要な資金を確保した話は有名です。

それぐらいの我慢や努力ができなければ、創業後の苦労には耐えられないでしょう。



また、ある程度の資金が用意できていない場合、

金融機関などからは、無計画で行き当たりばったりの性格だと思われても仕方がありません。

最低限、開業に必要な資金の半分、できれば、必要資金の半分にプラスして

6か月分ぐらいの生活費を確保しておくのがよいでしょう。



創業当初から儲かることもまれにはありますが、それは特別なことです。

半年ぐらいは無報酬でも耐えられるぐらいの資金を確保しておかなければ、

事業存続もままならなくなります。



資金調達については当初から金融機関は当てにならないと考えておく方がベターでしょう。

日本政策金融公庫や行政機関の制度融資など、創業者に対する融資制度もありますが、

それを当てにするとしても開業必要資金の半分以上は自己資金を用意しなければなりません。



資金が足りないようならば、まずは親族からの援助を得る努力をしましょう。

それも、できれば当初1年間は返済を待ってもらうような援助をお願いしましょう。



親族からであれば、資金的に苦しいときには待ってもらうことも可能です。

事業が順調に運び出せば返済をすることも可能となります。

何はともあれ創業をしようと思ったら、まずは貯金することを考えてください。





事務所ホームページ http://www.kojimatax.com/
個人FaceBook  http://www.facebook.com/kojimatax
事務所FaceBook http://www.facebook.com/kojimataxfan  
タグ :創業起業

Posted by 小嶋税理士事務所 at 08:23Comments(0)創業・起業について

2011年06月02日

創業の為の事前準備【顧客を知る】




顧客の傾向を知ることはとても大切です。

特に最近では顧客の好みが多様化しているため、そのニーズをつかんでおくことは

自分自身の事業展開においてとても重要な指針となります。

自分が提供しようとしている商品やサービスと顧客のニーズとのミスマッチがあれば、

品質の高い商品や抜群のサービスであっても売れるはずがありません。

顧客のニーズを知った上で顧客を選定しましょう。



「選ぶ」ということは、裏を返せば「捨てる」ということです。



自分の夢を達成するために必要ではない顧客は捨てましょう。

すべての顧客を取り込もうと思っても無理な相談です。

はじめはまず顧客を絞り込み、その顧客に対して価値ある提案をしなくては成功はありません。

●高所得者層に対するのか

●低所得者層に対するのか

●若年層に対するのか

●高年齢層に対するのか



顧客を知ることにより、顧客を分類し、どの分類の顧客に商品やサービスを提供することが

成功につながるのかを考えましょう。



顧客ターゲットを間違うと事業は失敗してしまいます。

自分自身の提供したい商品やサービスを求めている顧客を探すには、

色々な方々から意見を聞くことがとても重要です。ニッチなところに需要があったり、

これならいけるという考えが独りよがりだったりすることに気づきます。

たくさんの人からの意見を聞き、自分自身の事業にあった顧客を探しましょう。




事務所ホームページ http://www.kojimatax.com/
個人FaceBook  http://www.facebook.com/kojimatax
事務所FaceBook http://www.facebook.com/kojimataxfan  
タグ :創業起業

Posted by 小嶋税理士事務所 at 09:41Comments(0)創業・起業について

2011年06月01日

創業の為の事前準備【業界を知る】




創業後に苦労している点というアンケートに対して、業界の低迷という回答をした方が29%もいます

(『新規開業白書2005年版』より)。

業界の低迷は自分自身の努力ではどうすることもできません。

それを分かった上で、勝算を持ってその業界に進出するのならそれはそれでよいのですが、

いざ進出してみたら先のない業界だったというのでは目も当てられません。

事前に業界情報を入手しておきましょう。

そんな情報を得る方法としては、「その業界の先輩経営者から業界の動向を聞く」

あるいは「税理士や公的機関などが持っている業界情報や『経営指標』等から、

その業界の規模や傾向を把握する」ことなどがあります。

業界全体でどれぐらいの売上高があるのか、また、どれぐらいの収益性があるのかなどは

業界情報を調べることによって把握できます。



特に創業までに仕事をしていた業界ではなく、他の業界で創業しようと考えている方にとっては

とても大切なポイントです。消費者として見るその業界と、その業界のベテランが感じる実態では

大きく異なることが考えられます。

とにかくたくさんの方から話を聞き自分自身で判断をしてください。

その判断をする際に大切なことは、得た情報をニュートラルに解釈することです。

自分自身が参入しようとしている業界については、とても思いこみが強くなります。

楽観的に判断したり、主観を持って判断することは失敗の原因ともなりかねません。



わざわざ低迷している業界に進出することが、どのような結果をもたらすかは想像に難くないと思います。

高校野球で出場校の多い東京都や大阪府から甲子園に出場するのと、

出場校の比較的少ない島根県から出場するのとでは、どちらが出場できる確率が高いかを考えてください。

はじめから確率の低い選択肢を選ぶ必要があるでしょうか?



勇気のいることですが、業界に将来性がない場合や同業他社との競争がとても激しい場合などは、

その業界での創業を諦めるのも大切なことです。

創業した後になって後悔しても始まりません。

客観的視点を持って業界のことを知りましょう。



事務所ホームページ http://www.kojimatax.com/
個人FaceBook  http://www.facebook.com/kojimatax
事務所FaceBook http://www.facebook.com/kojimataxfan  
タグ :創業起業

Posted by 小嶋税理士事務所 at 09:08Comments(1)創業・起業について

2011年05月31日

創業の為の事前準備【ビジネスのルールを知る】





ゲームをするにもルールがあり、そのルールをちゃんと理解しておかなければ、まぐれで勝つことはあっても、ほとんどの場合は負けてしまいます。

実際、本当に勝つ気があるのならルールを知らずにゲームには参加しないでしょう。

ルールが大体把握できたところでゲームに参加するのではないでしょうか?

創業についても同じです。

これから事業経営に乗り出そうとする前に色々なルールを知っておきましょう。

事業経営において基本的なルールは何でしょうか?

それは「儲けること」です。

儲けるという言葉に過剰に反応してしまう方をたまに見かけますが、ここで行く儲けというのは限界利益のことです。

売上ではない事を肝に銘じてください。

事業経営における基本的なルールというと、「社会貢献」や「誠意ある仕事をする」「顧客第一主義」などの言葉が頭に浮かぶかもしれません。

それはとても大切なことです。しかしこれはルールではありません。

すべての事業はこの限界利益でまかなわれています。

この限界利益を稼ぎ出すことこそ事業経営における基本ルールです。



この限界利益の中から経費を負担し、自分自身の役員報酬(個人事業の場合は生活費)を負担しなければなりません。

借入金の返済もこの限界利益から行われます。

限界利益を稼がなければ当然に「社会貢献」なんてできません。

また、経費の負担や借入金の返済ができなければ、経費の支払い先である業者や返済先である金融機関に対して支払いや返済ができません。

つまり、「社会に対して迷惑をかける」存在になってしまいます。

適正な限界利益を稼がなければ「顧客第一主義」も絵に描いた餅です。

商品を売ったり、サービスを提供して喜んでもらったお客様が次に訪れた時にはもう潰れかけていたということでは、「顧客第一主義」もあったものではありません。

まずは、「儲けること=限界利益を稼ぐこと」を考えてください。

限界利益こそがすべての事業活動における源泉になります。その事をしっかりと頭に刻んでおきましょう。

限界利益を稼ぐと言ってもそこにはバランスが必要です。

あまりにも限界利益をたくさん取ると顧客が離れていってしまいます。

限界利益を少なくすればするほど顧客は喜びますが事業自体が継続できません。

このあたりのバランスを取りながら儲ける事(=限界利益を稼ぐ事)が事業における1番目に大切なルールです。


多摩地域の創業・事業承継問題に全力投球!!


小嶋税理士事務所@立川市

事務所ホームページ http://www.kojimatax.com/
個人FaceBook  http://www.facebook.com/kojimatax
事務所FaceBook http://www.facebook.com/kojimataxfan  
タグ :創業起業

Posted by 小嶋税理士事務所 at 08:25Comments(2)創業・起業について

2011年05月30日

創業の為の事前準備【自分自身の棚卸をする】




マーケティングには「4P」という言葉があります。

これは、

Product(商品)

Place(流通)

Price(価格)

Promotion(広告)

の頭文字を取ったものです。

この4つのポイントをおさえることによりマーケティングが成功するといわれています。

これから創業しようとする方は、自分自身をマーケティングの観点から見てみる事が必要になります。

そこで自分自身の棚卸をする際には、その「4P」を自分に置き換えて、

Product→キャリア、能力

Place→人脈

Price→評価

Promotion→コミュニティー、評判

などとして考えてみてください。

【自分のルーツをたどる】

自分自身の棚卸をするには、

自分の歴史から考えるという視点も大切です。

子供の頃得意だったことや好きだった事が、日ごろの慌ただしさにまぎれて忘れている場合も多くあると思います。

自分自身が意識していないところに強みがあったり、

自分自身が強みだと思っていたことが実は強みでなかったりと、

思い込みや先入観で自分自身を限定してしまっていないでしょうか。

また「創業で失敗する理由で最も多いのは自分自身を過信することだ」との意見もあります。

よく言われることですが、サラリーマンとして働いているときには、

「自分だからこれだけの売上が上げられる」とか、

「お客さんは自分を信頼して買ってくれている」などと、

会社の看板やブランドを過小に評価し、自分自身を過大に評価しがちです。

いざ創業となると、看板やブランドはほぼゼロです。

頼れるのは自分自身だけです。

一度、自分自身の強みと弱みをチェックしてみましょう。

強みや弱みといわれてピンと来ない方は、

「強み→得意な事」

「弱み→苦手な事」

と置き換えて考えてみてください。

まとめ

自分自身の棚卸をすることによって、夢の実現方法をもう一度確認しよう!!



多摩地域の創業・事業承継問題に全力投球!!


小嶋税理士事務所@立川市

事務所ホームページ http://www.kojimatax.com/
個人FaceBook  http://www.facebook.com/kojimatax
事務所FaceBook http://www.facebook.com/kojimataxfan  
タグ :創業起業

Posted by 小嶋税理士事務所 at 18:08Comments(0)創業・起業について

2011年05月23日

書籍企画書



こんにちは、弱冷房車に弱い小嶋です。

北国育ちなので暑いの苦手です。


さて、

この週末に「書籍企画書」なるものを作りました。

本の執筆です。

以前からやりたいやりたいとは思っていたのですが、忙しさにかまけて後回しになっていました。

ようやく始動しました。

初めての事でしたので、企画書ひとつ書くだけでもかなりパワーを使いました。

いやー、物書きの方はすごいですね。

企画書ができたといっても、まだまだスタート地点にすら立っていません。


これからが本当の勝負ですね。


いくつかの出版社を回ろうと考えています。


頑張りま~す(`_´)ゞ


多摩地域の創業・事業承継問題に全力投球!!
小嶋税理士事務所@立川市
事務所ホームページ http://www.kojimatax.com
個人FaceBook  http://www.facebook.com/kojimatax
事務所FaceBook http://www.facebook.com/kojimataxfan  

Posted by 小嶋税理士事務所 at 23:41Comments(1)日々の事

2011年05月19日

ミスター味っ子

こんにちは、昨日初めてのPodcastの収録を経験した小嶋です。

とっても楽しかったです。

公開の日が近づいてきたら改めてお伝えします。


さて、今回もマンガネタです。


ミスター味っ子(1) (講談社漫画文庫)/寺沢 大介

¥683
Amazon.co.jp


私の原風景。

バイブル的存在です。

自分の料理に対する考え方の基本をこれで学びました。

特に、味王様とブラボーおじさんが大好きです。

結構な年になるまでこれに書いてある事は全て本当だと思っていました。

カレーにインスタントコーヒーをいれた事もあります。


ごはんを食べるときは、大抵味っ子の作る料理の事を思い浮かべていました。


今でも思い出す事がありますね。


いやー、懐かしい。



でも、そんなにも愛していた味っ子の単行本を、
実家のリフォームの時にやってきた業者のにいちゃんにあげてしまったのです。

今でも忘れない。

「このマンガおもしれーから持っていっていいかー」




。。。



なぜかその時

「うん。いいよ。」

といってしまったのです。



その後数年間、僕は愛読書を譲ってしまった事を後悔しまくりました。



「なぜ、あの時本当の気持ちを伝えられなかったのか!」




。。。



いやいや。

取り乱してすみません。


この件になるとついつい熱くなってしまいます。


そのくらいこの本を愛していました。


愛蔵版が出ているので、興味のある方は
是非。




ちなみに、僕の料理マンガの変遷は、

時代順に、

・スーパー食いしん坊

・ミスター味っ子

・美味しんぼ

・将太の寿司

・喰いタン


ですね。



いやー今日は全然関係ない事を書いてしまいました。




多摩地域の創業・事業承継問題に全力投球!!
小嶋税理士事務所@立川市
事務所ホームページ http://www.kojimatax.com
個人FaceBook  http://www.facebook.com/kojimatax
事務所FaceBook http://www.facebook.com/kojimataxfan  
Posted by 小嶋税理士事務所 at 09:29Comments(0)日々の事